印鑑登録と実印

印鑑登録をされた印鑑は、実印と言います。
印鑑を買おうという時、たいてい実印・銀行印・認め印等のセットになっているものが多いです。
その実印が印鑑登録に使用することになります。しかしそれは、正しい言い方ではありません。
正確に言うと、印鑑登録をした印鑑が実印ということになります。ですから、実印として売られている印鑑は、実印用としてどうぞということになります。
もちろん無理に実印用として、使用しなくても良いです。

印鑑登録をすることはとても大切です。印鑑社会である日本では、印鑑が重要な証明に使用されることになりますが、印鑑登録はお住まいの市町村役場で証明されるものですから、個人の証明では最高峰になります。
ということで、実印の存在も大切です。

印鑑登録されるということは、市町村役場にその印鑑は自分のもので、自分を証明してくれるものです。必要な時には、印鑑証明書として書類を出してもらうことができます。
果たして、そんな時はどんな時でしょう?たいていは大きな買い物の時です。
買い物というか、売買契約に関係するものが多いです。土地・車・保険金関係の時には必要です。
就職や結婚、死亡などの人生の大きな岐路に立った時などにも、印鑑証明書は必ず必要になることが多いです。

大人は印鑑を使用する機会がとても増えるとされています。その中でも、実印を使わなくてはならないこともありますから、必ず印鑑登録は必要のあるものとお考えください。
学校では教えてくれないことでしょう。

About the author

カレンダー

2016年9月
    10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930